記事検索
 
2005年04月27日

300年前の雪どけ水

ALA-diet に入っていたDr.Vanaを飲んでみました。
この製品だけ製品紹介のようなチラシも何もありません。
製品に対する自信の現れでしょうか。

Dr.VANAとは富士山一合目国立公園内の地下層より
採水された天然バナジウムを含む飲料用天然深層水です。
世界でもトップクラスのレベルを誇る日本応用薬理研究会の
学術誌『応用薬理』で中性脂肪・体脂肪(ダイエット)
血糖値・ヘモグロビンA1C(糖尿病)
の低下がヒト試験の
結果、認められました。
空腹時に目安として最低3日で2リットル1本を
お飲みいただきますと、より効果が期待できます。
とホームページには書かれています。

2リットルと言われても500mlしかありませんが。
ところで基本的なことなんですがバナジウムって何?^^;
調べてみました、私が知らないだけで有名みたいです。

バナジウムとはカルシウムやマグネシウムなどと同じ
ミネラル成分の一種で通常人間の体の中にも50〜200μg
存在しています。今までは必須のミネラルとしては
認識されていませんでしたが、最近の研究でバナジウムの
効果が注目を集め、健康サポート素材としてテレビや雑誌で
取り上げられているらしいです。
バナジウムを豊富に含む水を採水できるのは、日本では
富士山麓の限られた地域だけらしいですよ。

お水って「water」って習いましたよね。
オーストラリアへ行った時にレストランでお水お願いします
というのはこうだなって「water please」って言ったことが
あります。出てきたのは200円ぐらいの炭酸入りの天然水でした。
後で知ったのですがオーストラリアでは「water」は炭酸入りの
天然水の事らしく普通のお水は「Spring Water」というんですよ。

何故か飲んでみた感想をなかなか書こうとしませんね。
感想もなにも普通のミネラルウォーターですもん。
水の違いの分からない奴なんです^^;

参考になったという方がいれば
人気ブログランキングへの応援よろしくお願いします。

posted by アン at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。