記事検索
 
2006年06月25日

6/25 あるある大辞典「たった2週間!最強の腹ヤセ法」後編

お腹の皮下脂肪はとても燃焼しにくいですよね。
それなのに皮下脂肪燃焼プログラムが2週間目からなのには理由があるそうですよ。
無酸素運動を行った事でミトコンドリアが活性化するので燃えにくい皮下脂肪が燃えやすくなるそうです。
後半1週間は最初の1週間で行った新有酸素運動6分間も継続、
更に昼に3分間皮下脂肪を燃やす新有酸素運動をプラスします。


腹ヤセプログラム(前半1週間で内臓脂肪を撃退) はこちら
腹ヤセプログラム(後半1週間で皮下脂肪を撃退)
運動編(皮下脂肪を撃退する新有酸素運動
新有酸素運動の詳細は2005/10/16 あるある流1日3分有酸素運動の新理論をどうぞ
以下の@〜Eの運動をそれぞれ30秒ずつ合計3分間やりましょう。
@腹直筋を鍛える(全身無酸素運動)
1)立ったまま片足を上げて両手ですねにタッチ。
2)左右交互に30秒間行う。
足を上げすぎず上体の方を曲げて足にタッチするのがポイント。
A足振りウォーキング(有酸素運動)
1)バンザイの姿勢から片足を上げ両手を前に伸ばす。
2)上げた片足と両手を背筋を伸ばすように一気に後ろに反らす。
3)左右交互に30秒間繰り返す。
この足振りウォーキングには腸下垂改善効果も
B腹横筋を鍛える(全身無酸素運動)
1)息を吸いながら両手を上げ息を吐きながら腰を落とし手を捻りながら両手を下ろす。
2)回数にこだわらずゆっくり確実に30秒間おこなってください。
息を全て吐ききりお腹を限界までへこませるのがポイント。
C足振りウォーキング(有酸素運動)
Aと同様に
D腹斜筋を鍛える(全身無酸素運動)
1)両手を前に伸ばし腰を落として片足を横に上げ上げた足とは逆の手で足首にタッチ。
2)左右交互に30秒間行う。
慣れるまでは足首に手が届かなくても大丈夫。お腹をしっかりと捻る事がポイント。
食事編(2週間は飲酒・間食は厳禁!
@前半の食事に一日50gのワカメを追加してください。
食事にワカメのフコキサンチンは細胞の中の脂肪を燃焼して肥満を
解消するタンパク質を作る働きがあります。
@植物性乳酸菌を含む食材を一日50gを追加
植物性乳酸菌を含む食材(キムチ、ザーサイ、白菜漬け、納豆、味噌など)は
胃酸に強くそのまま腸に届きやすいのが特徴です。
植物性乳酸菌が腸に届くとぜん動運動を促進、
このぜん動運動自体が腸下垂を改善するサポートになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19851313

ポリアミン?あるある大辞典の納豆特集
Excerpt: 納豆について、あるある大辞典でさらに気になる情報が・・・ナットウキナーゼ・ビタミンK2・ムチン・大豆イソフラボンに続き若さを保つポリアミン...
Weblog: その症状!起きろ糖尿病予備軍
Tracked: 2006-08-02 00:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。