記事検索
 
2006年06月25日

6/25 あるある大辞典「たった2週間!最強の腹ヤセ法」

ポッコリお腹の原因は3種類あります。
@内臓脂肪  A皮下脂肪  B腸の下垂

腸下垂の原因の一つには大腰筋の衰えがあります。
大腰筋が衰えると猫背姿勢になり腸が下がります。


腹ヤセプログラム(前半1週間で内臓脂肪を撃退)
内臓脂肪を効率よく燃やす為には腹直筋・腹横筋・腹斜筋の3つの腹筋を無酸素運動で鍛える事が必要です。
運動編(内臓脂肪を撃退する新有酸素運動
新有酸素運動の詳細は2005/10/16 あるある流1日3分有酸素運動の新理論をどうぞ
以下の@〜Eの運動をそれぞれ30秒ずつ1回3分間、朝・夜の2回合計6分やりましょう。
@腹直筋を鍛える(無酸素運動)
1)仰向けに横になり上体を持ち上げてひざの下にタッチ。
2)この動作を30秒間繰り返します。
勢いをつけて起き上がらず背中を丸めるように行なうことがポイントです。
A足振りウォーキング(有酸素運動)
1)バンザイの姿勢から片足を上げ両手を前に伸ばす。
2)上げた片足と両手を背筋を伸ばすように一気に後ろに反らす。
3)左右交互に30秒間繰り返す。
この足振りウォーキングには腸下垂改善効果も
B腹横筋を鍛える(無酸素運動)
1)仰向けに横になり上体とお尻を軽く持ち上げる。
  この時大きく息を吐きながらお腹を限界までへこませる。
2)この動作を30秒間繰り返します。
C足振りウォーキング(有酸素運動)
Aと同様に
D腹斜筋を鍛える(無酸素運動)
1)仰向けになり片足を上げて上体を持ち上げながら両手でひざの外側をタッチ。
2)これを左右交互に30秒行なう。
勢いをつけるのではなく身体をしっかり捻るのがポイント。
E足振りウォーキング(有酸素運動)
Aと同様に
食事編(2週間は飲酒・間食は厳禁!
カロリーを抑える為、高脂肪食をなるべく控えること。
調理法も煮る・蒸す・グリルなどで油をカット。
@1日3回食前にスキムミルクヨーグルトを
プレーンヨーグルト120gにスキムミルク20gを加えてよく混ぜて食べる。
乳製品のカルシウムは活性阻害ホルモンを減少させます。
これによって新有酸素運動の効果が高まります。
嫌な記憶がよみがえります^^;
2006/2/8 やせるヨーグルト
2006/2/11 スキムミルクヨーグルトダイエット開始中
2006/2/13 やせるヨーグルトを食べてみると・・・
A主食は玄米を
玄米にはイノシトールという物質が含まれており肝臓に溜った脂肪を押し出し目詰まりを直します。
B1日100gのキノコを(市販されているキノコなら何でもOK。3回に分けて食べてもOK)
キノコに含まれるキノコキトサンがお腹周りの脂肪を重点的に減らす効果があるそうです。
キノコキトサンは脂肪がたっぷり蓄積された脂肪細胞に作用しストックされている脂肪を
取り除く働きがあるそうです。
このため脂肪細胞の一つ一つが縮小、脂肪が多いお腹周りでサイズダウンに。
キノコをそのまま食べても効果がない訳ではありませんがより効果を出すためには
食物繊維に包まれているキノコキトサンを取り出すことが大事です。

キノコキトサンを取り出す調理法
@100gのキノコを出来るだけ細かくみじん切りにします。(もともと細かい「えのき」がオススメ)
A水300ccを加えて弱火で20〜30分煮込む。
水気が飛んだら完成です。
味噌汁に入れたりポン酢を加えてドレッシングにしたりと一工夫するといいみたいです。
腹ヤセプログラム(後半1週間で皮下脂肪を撃退)へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。