記事検索
 
2005年12月17日

嬉しい報告が

この前友達の結婚式に出席した話しはこのブログでも
書きましたが最近嬉しい報告が舞い降りてきました。
なんと妊娠されたようです。パチパチパチ。おめでとう。
ハネムーンベイビーでしょうか?
続きを読む
posted by アン at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
2005年12月11日

2005年あるあるダイエット総決算

2005年はあるある大辞典でもいろいろなダイエット方法が放送されました。
酢、寒天、豆乳などのダイエットを試した方、無事効果は出ましたか?
ダイエット食材には個人毎に向く食材と向かない食材があるそうですよ。
続きを読む
2005年12月04日

あるある大辞典ヤセない老ける原因とは

何をやってもヤセない、急に最近老け顔になってきた、もの忘れが激しくなってきたという方、背骨のゆがみが原因かもしれないそうです。
そもそも背骨は横から見るとゆるやかな「S字」にカーブしています。
これがクッションの役割をはたし、頭や腕の重みを支えています。
一方、背骨を正面から見た場合は真っ直ぐなのが正常な状態です。
しかし背骨が左右に曲がってあたかもヘビが蛇行しているようになってしまっているヘビ背の方が多くいます。

身体を支える支柱である背骨には多くの神経や血管が集中しておりそれが歪む事で身体に様々な悪影響が出ることがあります。
以下のような事はありませんか?

  • ネックレスがいつも同じ方向にずれる
  • ネクタイがいつも同じ方向にずれる
  • スカートがいつも同じ方向にずれる
  • キャミソールなどの肩紐が片方だけよく落ちる

    ヘビ背チェックをしてみよう
  • 日本人の8%に危険性が・・・

     動脈硬化などにつながるとされる状態「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)になっている人は、20歳以上の日本人の約8%を占めると推定され、小食や運動、禁煙、趣味によるストレス解消など健康的な生活習慣を多く持つ人ほどこの状態に陥る率は低いことが、東京慈恵会医大(東京都港区)健康医学センターの和田高士センター長らの研究で分かった。大阪市で開催中の日本脈管学会で2日に発表する。 メタボリックシンドロームは、男性はウエスト85センチ以上、女性は90センチ以上で、さらに(1)中性脂肪などの異常(2)高血圧(3)高血糖――のうち2項目以上を満たす状態だ。それぞれの異常は軽くても、重なることで動脈硬化を起こしやすくなるという。
    (毎日新聞)

  • あるある大辞典毛細血管改善法 (耳折りチェックで身体の異常が分かる)
  • あるある流血管改善法 (血管の状態をチェック&改善法)
  • あるある流超悪玉コレステロール改善法 (超悪玉危険度チェック方法)
  • 血栓予防マッサージ (動脈型血栓、静脈型血栓をチェック)

  • posted by アン at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。